定期検査・メンテナンス

メンテナンス検査

数多くの現場を経験してきたベテランの建築士が現場の検査を行っています

住宅を長持ちさせ資産価値を持続させる為には住宅の状態を把握する為の定期的な検査、メンテナンスは必要不可欠です。
必要な補修を怠ることにより結果的に大きな修繕が必要となり住宅の資産価値を大きく毀損させることになります。
皆様の大切な資産である住宅の価値を維持する為、定期的な検査を実施することをお勧めします。
必要に応じて検査結果に基づくアドバイスも行います。

ホームサポート

大切な資産である住宅の価値が損なわれるのを防ぎます

建築のプロである建築士による年に1回の定期点検と皆様の住宅に関する疑問、相談を電話とメールにてお受けするのがホームサポートクラブです。住宅は定期的かつ適時の補修・改善が良好な状態を保つ為に不可欠であり、結果として皆さんの大切な資産である住宅の価値が損なわれるのを防ぎます。
年に1回の点検で補修・改善に対して適切なアドバイスをさせて頂くと共に、日々の生活における住宅に関する疑問にも建築士がプロの立場から適宜お答え致します。

料金表

費用 年間 27,000円(税込)
内容 《年1回の住宅点検及び1年間の住宅に関する相談受付》
お電話でのご相談
月曜日から金曜日の9:00~20:00
(年末年始、夏季休暇期間その他を除きます。)
メールでのご相談
24時間受付

お申し込み・お問い合わせはページ下部のボタンより必要事項を記入の上お申し込み下さい。追って弊社担当よりご連絡をさせて頂きます。
点検項目は「風雨にさらされやすい箇所」「湿気が溜まり結露が起きやすい箇所」「直射日光があたる箇所」等を中心に傷みや故障があると建物の耐久性に影響を与える部位をチェック致します。
内装等は快適に住まい続けて頂けるよう不具合がないか点検致します。
点検後建築士が点検後修繕工事検討の要不要を判断しご報告致します。
お住まいの異常の早期発見、早期補修は耐久性への重大な影響を防ぎ、修繕費の抑制にもつながります。

点検項目

屋外

部位 点検項目
屋根 塗装の劣化・樋のつまり
軒裏 仕上げ材の劣化・雨漏りの有無
外壁 仕上げ材の劣化・シーリング材の破損・水返しや伝い水
基礎・床下 基礎の破損
窓・ドア 開閉状況・木製建具の劣化・手すりの劣化
バルコニー 防水面の劣化・手すりの劣化

屋内

部位 点検項目
天井 雨漏りの有無・仕上げ材の劣化や下地材の劣化
雨漏りの有無・仕上げ材の劣化や下地材の劣化
仕上げ材の劣化・床の沈みの有無
階段 踏面の沈みの有無・手すりの劣化
建具 開閉状況