ホームインスペクション

ホームインスペクションとは

「住まいの現状の検査を行う業務です」
既存(中古)住宅のご購入や、住宅のリフォームで失敗しないために!

ホームインスペクションとは、建築士の資格を持つ検査員が第三者的な立場から、住まいの目視、動作確認などにより劣化状態や欠陥の有無などを確認し「住まいの現状の検査を行うこと」です。

売主

POINT 1

住宅の現状をあらかじめ把握することで先々のトラブルを防止できます

POINT 2

検査済住宅として、他の住宅との差別かできます。

不動産会社

POINT 1

建物の検査や保証のご提案により取引が安心

POINT 2

専門検査機関と提携することで他社との差別化

POINT 3

不具合告知でトラブル回避できます。

安心とメリットを
お届けします!

買主

POINT 1

検査済住宅として、他の住宅との差別化できます。

POINT 2

リフォームや今後のメンテナンス計画が立てやすく安心

POINT 3

さらに各種保証をつければ万が一の時にも安心。

売主
不動産会社の間で

検査済み・保険付き物件を売り出せます。

買主
不動産会社の間で

検査済みの安心物件を
見つけることができます。

既存(中古)住宅流通が変わります!
住宅検査実施で、安心の既存(中古)住宅流通を促進します。
累計85,000棟以上の住宅の経験を、不動産会社様の発展に活かして参ります。

建物状況調査(インスペクション)
活用しませんか?

平成30年4月1日より、既存住宅の取引において、宅地建物取引業者との媒介契約書面に建物状況調査のあっせんの有無が記載されることとなりました。

建物状況調査とは?

国土交通省の定める講習を修了した建築士が、建物の基礎、外壁など建物の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の状況を把握するための調査です。

  • 構造耐力上必要な部分
  • 雨水の浸入を防止する部分
木造戸建て住宅の場合

2階建ての場合の骨組(小屋組、軸組、床組)等の構成

鉄筋コンクリート造共同住宅の場合

2階建ての場合の骨組(壁、床版)等の構成

※「建物状況調査」は、瑕疵の有無を判定するものではなく、瑕疵がないことを保証するものではありません。

建物状況調査を実施するメリットは?

売主様のメリット
  • 売買する住宅を詳細に調査することで建物の状況を正しく把握できます。
  • 引渡し後の買主様とのトラブルや予期せぬ出費を未然に防ぐことができます。
  • 買主様に対して「建物状況調査済み」の住宅としてアピールできます。
買主様のメリット
  • 既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が調査することで購入予定の住宅への不安を減らすことができます。
  • 補修の必要な箇所がわかるので購入後の適切なリフォームやメンテナンスの見通しが立ちます。
  • 調査結果が一定の基準を満たした場合は、住宅の保証を受けることができます。
    (別途、保証料が必要です)